中村 昌史

20代にとっての家族

生まれるとき、死ぬときに近くにいるのは家族

永遠に味方でいてくれる存在だと思います。 2019年、2020年は身内の不幸があって家族について考えさせられる年でした。 生まれるとき、死ぬときに近くにいるのは家族。 最後の最後に側にいてくれるのは家族なんだと思います。
20代にとっての家族

今まではお父さんに守られてきたけど、守りたいと思った。

私から家族を笑顔にできる手段だと思います。 これまで親は私がどんな人間に育つかわからないのに多面的に私のことを笑顔にしてくれました。 なので今度は私が親を笑顔にするために思い出づくりや支援をしたいと思います。

30代にとっての家族

親が褒めてくれたことって自信に繋がると思います。

「親の言葉ってすごい残ってるよ」と伝えたいですね。 それが大人になって自分自身への自己肯定感が高くなることに繋がると思います。
60代にとっての家族

介護をすると本当の自分がわかる

常に変わらない存在です。 僕の周囲は変わるけど家族は変わらない。
40代にとっての家族

家族とはチームである

望みを叶えるために家族があるんじゃなくて、家族が居て、その家族と過ごすプロセスの結果として望みが叶うこともある、という順番です。
30代にとっての家族

家族について影響を受けた3つの写真集

東日本大地震が起こって、「未来ちゃん」の展示を見て、自分自身の家族観が変わったんです。
30代にとっての家族

ずっと続いているコミュニティは家族だけ

良い意味でめんどくさい存在ですね。(笑) こんなに一生懸命に向き合うことは他にないと思います。 家族のためにと思えば思うほど、辛いことも向き合わなければならない。
40代にとっての家族

家族と一緒に多様な価値観に触れ合いながら生きていく

常に大切だと思います。 震災のときとか特に感じますが、いつも大事ではないでしょうか。
20代にとっての家族

離れてみてからこそ気付いた家族の大切さ

10代の頃って、言葉として「ありがとう」て中々言えないので、直接言えば家族の繋がりはもっと良くなると思います。 大学を卒業した時と社会人になった時に「ありがとう」としっかりと伝えました。 親は照れてましたけど(笑)
30代にとっての家族

子供が10歳になったら世界の端っこを見に行こう

自分の「スタート」かな… 誰かを想うことだったり、想われえることを知る。 「大変な時に誰かを想う心」を養うのは家族だと思います。 先日、知人から「マスク欲しい?」と言われた時に「両親・姉妹に何個ずつ・・・」とやっぱり家族から考えていた自分に気づきました。 改めて「家族って自分のスタートなんだな」と思ったりしますね。