ぽにょ

20代にとっての家族

家族とは心の拠り所であり、自分が頑張らないといけない意味

心の拠り所であり、自分が頑張らないといけない意味ですね。 生きていくことって簡単じゃないと思うんですよ。 自分がしんどい時にふと思い出して、何があっても家族は背中を教えてくれる自分がやりたいことをやろうと思える拠り所になっています。
ぶろぐ

人生に一度しかない初任給で親孝行

 初任給は人生で一度しかもらうことができないすごく特別なものです。 一度しかないものなので素敵な使い道をしたいものです。 そこで、初任給を親孝行に使ってみてはいかがでしょうか? 青い鳥のサービスについても紹介させていただくので是非ご覧ください。
20代にとっての家族

私が家族を支えることもできるようになった

家族はかかけがえのないの存在です。 今は親のありがたみに気づけなかったり、気づいているのに素直になれない人がいると思います。 気持ちは言葉にしないと伝わらないし、家族とずっと一緒にいられるわけではないから、家族でいれる時間を大切にしてほしいと思います。
ぶろぐ

家族と楽しむスポーツの日

今年の7月24日はスポーツの日です。 あまり聞き覚えがない方も多いのではないでしょうか。 実はスポーツの日とは体育の日が名前を変更されて出来たものなんです。 今回は、親孝行のサポートをさせていただいている私が、スポーツの日での家族との過ごし方を紹介していきます。
ぶろぐ

七夕は家族の大切なイベントになる。

中国の宮中行事である「乞巧奠(きこうでん)」「七夕伝説」の伝承が日本の七夕文化の始まりです。

まず、乞巧奠とは機織りが上手な織女にあやかって7月7日の夜に針や糸を供え手芸の上達を願うという行事です。

20代にとっての家族

両親のような大人になることが私の目標

自分のすべてを共有できる存在ですね。今までわがままとかも含めてなんでも言っていたんですけど、どんな言葉や感情も受け入れてくれました。私は両親のような大人になることが目標なんです。私もこういう大人になりたいと思いますね。
ぶろぐ

20代が考える父の日にやりたいこと

6月21日は父の日ですね。毎年6月の第3日曜日は父の日とされています。父の日はお父さんに普段伝えきれていない感謝を伝える絶好の機会です。何をするか迷っている方のために親孝行のサポートをさせていただいている私が友人に父の日にやりたいことを聞いたのでお届けしたいと思います。