家族の会話を増やすゲーム!これをやると家族のコミュニケーションが増える3つのこと

ブログ

コロナ禍で家にいる時間が増え、家族と共に過ごす時間が増えました。

家族の時間を作る暇がなかった人などは、家族時間が増えたことを嬉しく感じたのではないでしょうか?

しかし、コロナの終息がいまだ見えない中で、家族の時間を過ごしていることに窮屈を感じている人も多いようです。

大好きな家族であっても、四六時中共に過ごしていれば疲れてしまうのも仕方がありません。

会話も減り、一緒にいることが嫌になってしまったという人もいるでしょう。

こんな時には、いつもと異なることをして家族のコミュニケーションを取るのもおすすめです。

家族の会話を増やすゲーム、コミュニケーションを増やす方法について紹介します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする

おうち時間が増えたことで家族の会話が負担になる?

一時期は家族時間が減ってしまい、家族の関わり合いが薄くなってしまったことを問題視している時がありました。

核家族化した現代、両親は仕事で忙しく子ども達が家で留守番をする、そのような家庭も増えて、家族の会話も減ってしまいました。

新型コロナウィルスの蔓延によって、子ども達は休校、大人も在宅勤務となり、自宅で過ごす時間が増えました。

家族でおうち時間を過ごすことで、おのずと会話が増えました

最初のうちは楽しく感じられた家族との時間や会話も、長期化するにつて、嫌になってきてしまった人もいるでしょう。

決して家族が嫌いになったわけではありませんが、制限された空間で、家族と過ごすことが負担になってしまったのです。

現在はかなり緩和された状況で、自粛要請期間の時よりも自由ではありますが、以前のように好きなことが自由にできる状態とはいえません。

おうち時間も飽きてきて、家族の会話も以前よりも減ったりしていませんか?

雑学・クイズブーム

元々会話の少なかった家族が、会話を増やすために利用していたのがテレビ番組。

そのなかでも雑学やクイズを取り上げた番組をよく観たという人も多くないでしょうか?

ピーク時ほどではありませんが、テレビを付ければ雑学・クイズ番組が流れていることが多く、家族で観ている人もいるでしょう。

今のクイズは学力を必要とするクイズというよりも、常識であったり知識を披露する問題が多く、勉強ができるできないとは関係なく楽しむことができます

(もちろん、学力が必要な問題もあります)

クイズが分からなくても、誤答や珍回答を楽しむ一面もあり、家族でそれぞれの答えを出し合ったりする楽しみもあります。

問題が解ければそれで凄いというだけではなく、答えの奥にある歴史や常識などを知ることで答えの奥深さを知ることができ、問題だけではない部分で家族の会話が増えたりしていきます。

年齢関係なく楽しめるものになっています。

家族の時間はゲームが一番?

おうち時間が増えたことで、子ども達のゲーム時間が増えました。

友だちと直接会って遊ぶことができない子ども達が、オンラインゲーム上で友だちと交流をするようになりました。

遠くに離れて住む祖父母などとも、インターネット上で交流をすることが可能なゲームなども販売されたため、自粛期間中に祖父母とインターネット上で会って遊ぶことが可能となり、直接会うだけではない家族の交流手段にゲームが使われるようになります。

これまででは考えもしなかったことかもしれませんが、直接会うことが出来なくなった人達と共に過ごすための手段にゲームがなったことで、新しい家族の繋がり方が生まれました

子ども達などは友だちとの繋がりが生まれたことで、精神的な落ち着きを持つことができたという子もいるようです。

家族そろってゲームをするだけであれば問題もないかもしれませんが、ゲームをすることに関してさまざまな問題やリスクがあることが以前より問題視されています。

ゲームと上手な付き合い方について、家族で考えていかなくてはいけないでしょう。

家族の会話を増やす方法

ゲームやクイズなどテレビ番組で家族の会話を増やすことも良いですが、それ以外に家族の会話を増やす方法はないのでしょうか?

共通の趣味を持つ

家族で同じ趣味を持ってみるのはいかがでしょうか?

共通の趣味があれば、趣味についての会話を自然にすることができ、会話も増えていきます。

これから共通の趣味を作ろうとする場合などは、同じ趣味を始めることで、初期投資などの面で安く抑えることが可能です

手っ取り早い趣味として「映画鑑賞」「運動(ジョギングやウォーキング)」などで家族の会話を増やしてみてはいかがでしょうか?

同じ目標を作る

趣味と同じようですが、家族で目標を持ちチャレンジしてみるというのも良いでしょう。

例えば、ゲームであれば家族全員が全面クリアする、運動などであれば毎日〇km走る。

ダイエットを家族で頑張ってみるというのも良いかもしれません。

家族で同じ目標に向かって努力をすることで、会話も増え、お互いに協力し合うこともできます

挫折しそうになった時でも、他の家族に励まされることで乗り切ることができ、目標達成することができるでしょう!

ルーティーンで毎日話してみる

会話が減ったな、そう思った場合には、自分から毎日話しかけるようにしましょう。

ルーティーンではありませんが、「毎朝話しかける」「家族全員集まって話をする」などと義務的に決めて行うようにしてみると会話自体は増えていきます。

会話をすることを続けていくことで、次第に会話の内容も実のあるものになり、会話自体も面倒などとは感じる事が減るでしょう

毎日自分から率先して行うことで、家族も応えてくれる回数が増えていき、会話が増えていくようになります。

まとめ

家族の会話が減った時、また会話を増やすためにおすすめの方法を紹介しました。

コロナ禍で一度は増えた会話が減ってきた、何を話していいか分からなくなった時などにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

毎日一緒にいると、会話のネタもなくなってきて、話すことも一緒にいることも疲れてきてしまうかもしれません。

家族との時間は一生で考えればほんの少しの時間なので、一緒にいられる時間を有意義な時間にするために、自分から進んで家族へ会話を増やしたり共に過ごせるような工夫をするようにしましょう。

ブログ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
かぞくのとき