お彼岸での家族との過ごし方

ぶろぐ

お彼岸の時期が近づいて来ましたね。
皆さんは、お彼岸が日本だけにある風習であることを知っていましたか?

お彼岸とはなぜ出来たのでしょうか。
なぜご先祖様に感謝するのでしょうか。

ここでは「お彼岸の意味・成り立ち」「家族との過ごし方」について考えていきます。

お彼岸って何?

お彼岸とは、「春分の日」と「秋分の日」を中日として、前後3日間を合わせた7日間のことです。

彼岸とは仏教の言葉であり、煩悩を脱した悟りの境地という意味があります。
この悟りの境地こそが、「極楽浄土」と呼ばれています。
以前は、お彼岸の期間になると煩悩を払うのために西に沈む太陽に祈りを捧げていました。
※浄土思想では、極楽浄土がはるか西のかなたにあると考えられているから。

今では祈りを捧げるのが太陽ではなく、仏壇やお墓に変わり、ご先祖様を供養する風習へと変わってきました。

また、彼岸とは、サンスクリット語であるパーラミター(波羅蜜多)の漢訳語の「到彼岸」からきています。

私達が生きている、煩悩と迷いの世界である「此岸」から、煩悩を脱した悟りの世界である「彼岸」へ到達するために、「六波羅蜜」の修行を行ないます。彼岸はその修行をするための期間であると言われています。

「六波羅蜜」とは?
1布施(ふせ)……親切
2持戒(じかい)……言行一致
3忍辱(にんにく)……忍耐
4精進(しょうじん)……努力
5禅定(ぜんじょう)……反省
6智慧(ちえ)……修養
つまり、人に優しく、約束を守り、忍耐強く、努力し、内省することが重要である。ということです。
そして6番目の「智慧」が1~5の総称であり、人格を高め、輝く人になりなさい。ということと言われています。

なぜ先祖を供養する風習に変わったのか?

これは日本独自の風習が影響しています。
農耕文化である日本では、春分の日、秋分の日(昼夜の時間が同じで、真東から太陽がのぼる時節)に自然の恵みに対する感謝を捧げる風習がありました。
この風習と仏教の教え交わり、お彼岸の際にはご先祖様を供養する風習へと変わっていったと考えられています。

お彼岸は何をするの?

ご先祖様を供養することです。
具体的には、お墓参りをして、掃除をして、お花や線香を供え、手を合わせることと言われています。

家族で過ごすお彼岸の過ごし方

お彼岸のタイミングで実家に帰省する人は多くはないでしょう。
ですがお彼岸は年に2回しかない「ご先祖様を供養する」機会です。

このお彼岸の機会に、自分たちのご先祖様はどんな人だったのかを話し合ってはいかがでしょうか?

普段生活していると、自分たちのご先祖様のことに触れる、知る機会は多くないと思います。
日本にしかない風習を伝え、残していくことが、家族の歴史を守り、家族のコミュニケーションを行う一つの機会がお彼岸にあると思います。

お彼岸にお墓参りに行く人も、自宅で仏壇に手を合わせる人も、お彼岸の本来の意味を知って行動することで、より有意義な時間を過ごせるようになると考えられます。

自宅に仏壇がない人は、ご先祖様のことを考えることから始めるだけでも先祖供養になることでしょう。

出来るところから一つずつ。