七夕は家族の大切なイベントになる。

ぶろぐ

7月7日は七夕ですね。
七夕は古くから行われている日本のお祭り行事です。
七夕といえば短冊に願いを書いて叶うようにお願いするのが一般的ですよね。

ですがただそれだけで終わってしまっている方はいませんか?

実は、七夕には深い意味が込められているんです。

その意味を知って七夕を家族で過ごしてみませんか。

七夕の成り立ち

七夕の由来は?

中国の宮中行事である「乞巧奠(きこうでん)」「七夕伝説」の伝承が日本の七夕文化の始まりです。

まず、乞巧奠とは機織りが上手な織女にあやかって7月7日の夜に針や糸を供え手芸の上達を願うという行事です。

七夕伝説とはご存じの方も多いと思いますが、織姫と彦星のお話です。
恋に夢中になり仕事をおろそかにしてしまった織姫と彦星を戒め、しっかり働くことを条件に年に一度の7月7日の夜だけ会うことが許され、二人は愛を確かめ合うことができます。

この二つが中国から伝わり、日本の七夕文化を生み出します。

なぜ七夕っていうの?

日本の禊で乙女が着物を織って棚にお供えし神様を迎えて秋の豊作を祈ったり汚れをはらうという行事があります。その時に乙女が着物を織るのに使っていたのが棚機(たなばた)と言います。

仏教が伝わると、この行事はお盆を迎える準備として行われるようになりました。
縁起がいい陽数とされる奇数が連なる7月7日の夕方に行われるので七夕(たなばた)と呼ぶようになりました。

だから七夕と書いてたなばたと読むんですね。

日本の七夕文化

日本では平安時代に宮中行事として七夕行事が行われるようになりました。
江戸時代に伝統的な年中行事を行う五節句のひとつ「七夕の節句」になります。
そこから七夕は庶民にも広まり全国的に行われるようになりました。

江戸時代に寺子屋に通う子供たちが野菜や果物を備え、短冊に詩歌や習い事の上達を願いを書いて笹竹につるして星に祈ったことから、今の七夕文化になりました。

なぜ笹竹を使うの?

七夕飾りはなぜ笹竹に飾るのでしょうか?

笹の葉が風に揺れる音は、神様を招く音と言われるほど笹は神聖な植物として知られています。
また、笹には強い生命力成長があり、早くまっすぐ天に向かって伸びるのことから、天まで願いが届くように笹竹が使われるようになりました。

このように七夕は笹竹を用いて行うので笹の節句とも呼ばれています。

七夕飾り

短冊に込められた願い

七夕飾りの定番と言えば短冊ですよね。私も小さい頃は七夕の時期になると毎年スーパーにある短冊に、願い事を書きに行ったのを覚えています。

実は短冊は色によって書く願い事の種類が違うんです。
短冊の色にはそれぞれ意味が込められいます。

赤の短冊は「感謝」
青や緑の短冊は「成長・人間力」
紫と黒の短冊は「学業」
黄色の短冊は「人間関係・友情」
白の短冊は「規則や義務の達成・厳守」

色に意味が込められていたなんてびっくりですね。
私も全く知らずに好きな色の短冊に願いを書いていました。だから願いが叶わなかったのかもしれませんね。

いろいろな七夕飾り

短冊のほかにも様々な七夕飾りがあります。笹竹に飾られているのは見たことがあるけど名前を知っている人は少ないのではないでしょうか。
それらの七夕飾りにもそれぞれ意味が込められています。

吹き流し 織姫の糸を表していて魔除けの効果があります。
提灯 心を明るく照らすという願いが込められてます。
折り鶴 健康・長寿の願いが込められており、家の年長者の数を折って飾ります。
巾着 金運上昇・商売繁盛の願いが込められています。
くずかご 整理整頓や清潔の心を養うという願いが込められています。
紙衣 裁縫や手芸の上達・衣服に困らないようにという願いが込められています。
網飾り 豊漁・豊作の願いが込められており、幸せをすくいあげるという意味があります。

七夕を家族でのイベントにしよう

ハロウィンやクリスマスが家族でのイベントになっている方は多いのではないのでしょうか。
家族でのイベントのひとつとして七夕もに入れてみてはいかがですか?
七夕で家族と一緒にできることを考えてみたので紹介していきます。

家族みんなで七夕飾りを作る

私も実際作ってみましたが、七夕飾りは全て折り紙で作れるんです。
家族で一緒に一つの願いを書いてみてはいかがでしょうか。
家族で一緒に作ったらとても楽しいですし、家族でコミュニケーションをとる良い機会になります。

 

短冊に家族への願いを書く

今までは短冊に私的な願いを書いてきた方も多いかと思います。
今回は感謝の意味が込められている赤の短冊に、家族への感謝を書いてみましょう。
七夕を通して普段なかなか伝えられない感謝を届けてみてはいかがでしょうか。

家族がどんな願いを知るキッカケになる

家族が短冊にどんな願いを書いているのか気になりますよね。
もしかしたら、その願いの中にあなたが叶えてあげられることがあるかもしれません。

願いは叶えるためにあります。

家族で力を合わせて願いを叶えていきましょう。

まとめ

七夕の成り立ち
七夕飾り
七夕を家族でのイベントにしよう

これら3つを紹介させていただきました。

七夕にはいろいろな意味や願いが込められているんですね。
これらの意味や願いを知ることで、より七夕を楽しめるのではないのでしょうか。

是非七夕を通して家族と過ごす時間を楽しんでみてください。