30代にとっての家族

30代にとっての家族

「この道を選択して本当によかった」少年が叶えた夢と親孝行とは

陸上でオリンピックに出るという夢や目標は変わりましたが、世界中の人と競争して文化を学び、一緒に仕事をするという形で実現したんです。この道を選択して本当によかったと思っています。
30代にとっての家族

ルーツに興味のなかった青年「お墓参りがやめられなくなった」理由

家族に連れられ渋々お墓参り。 自分のルーツに一切興味ナシ。 そんな青年が体の不調をきっかけに、一度も行ったことがなかった本家のお墓参りに行くことを決める。

実際にお墓参りをしてみると…

青年が感じた「守られている」という感覚。

30代にとっての家族

人生の根底にあるのは「自分が楽しく生きていること、自分らしく幸せな状態であること」

「自分ができることって何なんだろう。」とか、「両親がしてほしいことってなんだろう。」と考えながら、一緒に過ごせるときを大事に過ごしていきたいと思うし、何より自分自身が幸せに生きている姿を見せていけたら。
30代にとっての家族

人一倍親離れの早かった私が2人の息子に世界一の愛情を注ぐようになった話

今後子供たちの人生の中で、もし何か失敗したりとか、批判されたりしても、親である私と妻だけは「絶対に、きみを愛している人がいるからね」っていうメッセージを伝えていきたいです。例え本人たちにウザがられたりしても、いつか困難に直面したときに「誰かに愛されてる」ってことを思い出してくれれば、折れずに強く生きてくれるんじゃないかと思って、無駄に愛情を注いでいますね。
30代にとっての家族

「こんなに優秀に育ってくれるなんて思わなかった」母と息子の心温まるストーリー

「あなたにとっての家族とは?」 様々な「家族観」に触れることで自分の「家族観」を見つけていく家族観バトン。 突然ですが、皆さんはアイキャッチ画像のような会話を普段されていらっしゃいますか? 今回はこんなトークを日常的にされている金元龍...
30代にとっての家族

大事なのは「好き・嫌い」の感情を横に置いて冷静に親と向き合うこと

親孝行が大事だというのもあるんですが、親との関係をちゃんと考えて見直すことも大事。自分が育った幼少期の環境とかを振り返ることにもなるし、自分自身も改められるというのがあるので、「好き」「嫌い」っていう感情を横に置いて、冷静に親と向き合うことが大事です。
30代にとっての家族

斬新すぎる!家族を大事にする娘から父に送る請求書に思わずほっこり

「あなたにとっての家族とは?」 様々な「家族観」に触れることで自分の「家族観」を見つけていく家族観バトン。 今回は、石川の親元を離れ、東京で一人暮らしをしているちょっと変わったセンスの持ち主かんゆや。さんにインタビューをさせていただきま...
30代にとっての家族

僕と母親が一緒にいられる時間は残り43日9時間でした。

僕らの世代でいくと多くの場合、親は60代だと思うんです。僕の母は65歳ですし。残り何年かというのが、限りが見えてきている。その残りの限られた時間を大事にしよう、と思いますし、僕の話を読んでくださった方にも伝わると嬉しいです。
30代にとっての家族

社会人になって、初めて家族って大切なんだなと思った。

父親が病気で入院をしてる時に、父親から「お前はこんな風になるんじゃないぞ」と言われて、自分が病気で辛いにもかかわらず、こんな時にも子供の事を心配してくれている事を知り、とてもありがたいとその時感じましたね。
30代にとっての家族

親孝行のプロが語る、これからの親孝行のあり方

親孝行をすることで幸せな未来が広がるのは事実。 それはこの事業をやってきて確信している。 だからこそ、親孝行をすることが幸せにつながると思って行動しているし、 生涯やり続ける為に親孝行をサポートする会社を創った。