30代にとっての家族

30代にとっての家族

親孝行のプロが語る、これからの親孝行のあり方

親孝行をすることで幸せな未来が広がるのは事実。 それはこの事業をやってきて確信している。 だからこそ、親孝行をすることが幸せにつながると思って行動しているし、 生涯やり続ける為に親孝行をサポートする会社を創った。
30代にとっての家族

親が褒めてくれたことって自信に繋がると思います。

「親の言葉ってすごい残ってるよ」と伝えたいですね。 それが大人になって自分自身への自己肯定感が高くなることに繋がると思います。
30代にとっての家族

家族について影響を受けた3つの写真集

東日本大地震が起こって、「未来ちゃん」の展示を見て、自分自身の家族観が変わったんです。
30代にとっての家族

ずっと続いているコミュニティは家族だけ

良い意味でめんどくさい存在ですね。(笑) こんなに一生懸命に向き合うことは他にないと思います。 家族のためにと思えば思うほど、辛いことも向き合わなければならない。
30代にとっての家族

子供が10歳になったら世界の端っこを見に行こう

自分の「スタート」かな… 誰かを想うことだったり、想われえることを知る。 「大変な時に誰かを想う心」を養うのは家族だと思います。 先日、知人から「マスク欲しい?」と言われた時に「両親・姉妹に何個ずつ・・・」とやっぱり家族から考えていた自分に気づきました。 改めて「家族って自分のスタートなんだな」と思ったりしますね。
30代にとっての家族

30代のうちに、親父と二人でお酒を飲め!

一番大切な存在ですね。 しっかりとした絆があります。 何かあれば助けたい、出来ることは少ないけど(笑) 妹も弟も同じ想いだと思います。
30代にとっての家族

笑いの絶えない、自慢の家族です。

家族って、好きと嫌いの先にあるような気がしていて、 感情だけで考えることが出来ない存在だと思います。 感情も血縁も越えた存在だと思ってます。
30代にとっての家族

親と「二人だけ」で最低二泊三日の旅行に行け!

僕が小さい頃に父親がふと言った言葉が頭から離れなかった言葉があります。 「死ぬまでに一度はオーロラをみたい」 父親は口数が少なく、背中で語るタイプの父親だったんですけど、この言葉だけはずっと覚えていましたね。