80代・90代にとっての家族

「故郷が分からない」朝鮮で生まれ育った日本人女性が親からもらった教訓

朝鮮で生まれ育った日本人女性。三越の別誂えの洋服を着て、家には女中がいる裕福な暮らし。18歳になり終戦目前で結婚式をあげ、終戦後家族揃って日本に引き揚げた。故郷が分からないと言う女性が94歳になった今思うこと。「素晴らしい人達に育ててもらって、良い環境の中に置かれていて幸せだった。」
40代にとっての家族

板前からリサイクル業に仰天転身した社長の親孝行「返す気もない」

父になって、自分で家族を養うようになって思うこと。 それは、親からもらったものは到底返せるものではない、ということ。 わがまま放題でたくさん怒られ、おばあちゃんに甘えていた少年は、一人の父、そして両親の子どもとして、親や家族と向き合っています。
40代にとっての家族

父の介護で知った親孝行「100日間毎日母に手紙を送った」

今まで親孝行をしてると僕は思ってたんですけど、違ったんだなと。本当に親がしてほしいことをするというのは、母親の話を最後まで聞いてあげたりとか、父親を治療してそれで楽になったとかそういうことではなくてお風呂に入れてあげることで、こんなに喜んでもらえるんだと。 僕は今まで、「生んでくれてありがとう」というのが親孝行だと思っていたけど、そうじゃなくて、「生まれてきてくれてありがとう」と親に言ってもらえるまで、親孝行は続けなきゃいけないなということを、そこで気づかせてもらいました。
30代にとっての家族

「こんなに優秀に育ってくれるなんて思わなかった」母と息子の心温まるストーリー

「あなたにとっての家族とは?」 様々な「家族観」に触れることで自分の「家族観」を見つけていく家族観バトン。 突然ですが、皆さんはアイキャッチ画像のような会話を普段されていらっしゃいますか? 今回はこんなトークを日常的にされている金元龍...
70代にとっての家族

親の愛情を受けて育っていると、大人になって困難に出会っても自分で乗り越えられる

「あなたにとっての家族とは?」 様々な「家族観」に触れることで自分の「家族観」を見つけていく家族観バトン。 今回は、私の高校の担任の先生だったおすみさんにインタビューをさせていただきました! このバトンは20代30代の方が多いのですが...
30代にとっての家族

斬新すぎる!家族を大事にする娘から父に送る請求書に思わずほっこり

「あなたにとっての家族とは?」 様々な「家族観」に触れることで自分の「家族観」を見つけていく家族観バトン。 今回は、石川の親元を離れ、東京で一人暮らしをしているちょっと変わったセンスの持ち主かんゆや。さんにインタビューをさせていただきま...
30代にとっての家族

僕と母親が一緒にいられる時間は残り43日9時間でした。

僕らの世代でいくと多くの場合、親は60代だと思うんです。僕の母は65歳ですし。残り何年かというのが、限りが見えてきている。その残りの限られた時間を大事にしよう、と思いますし、僕の話を読んでくださった方にも伝わると嬉しいです。