自分たちが楽しいと思える親孝行をしたい

10代にとっての家族
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする

<プロフィール>


・名前:関和玲

・年齢:18歳
・所在地:東京

関和玲です!福島県出身で大学進学を機に神奈川に来ました。横浜市立大学国際教養学部に所属していて、国際協力の観光開発を将来できるように勉強中です。趣味は旅行、洋画・洋楽鑑賞です。まだ海外に行ったことがないので、大学在学中に絶対行きたいと思っています!
今回の取材で私の家族について考えるきっかけになって、やはり独特だなと感じましたが同時に改めて家族が好きだと改めて思いました。私のエピソード、是非ご覧になってください!


Q.どんなご家族ですか?

 
両親と妹1人の4人家族です。
家族全員が自由人だと思います。お父さんの影響で全員アウトドア派にになりましたね。両親は、私が小中学生の時は妹と私を家に置いて旅行に行ってるようなタイプでした。お父さんからは、「頭がいい人間じゃなくて、使える人間になれ」という感じで言われてきました。小学校1年生から新聞を読んでいるらしく、実家に帰るとニュースの話題を話したりしています。お母さんは、礼儀について厳しかったイメージですね。怒るというよりは「これは当たり前だよ」と言われてきた記憶があります。

Q,ご両親について教えてください。

 お父さんは、ザ・田舎っ子って感じですね。末っ子で上の兄弟が悪さをする感じだったので、それをみていい子に育ったらしいです。今は料理が趣味なので、土日はご飯を作っています。お母さんは、私からみてすごくセンスのある人だと思います。手先が器用っていうのもありますが、人付き合いがうまかったり、ストレスを事前に回避できるイメージがありますお父さんは、私と興味関心が似ているので城の話をしたり歴史が好きなので「三国志」の漫画を読んだりしているんですけど、妹とお母さんはそういうの好きじゃないのでポカーンとしてます(笑)

Q,家族との思い出を教えてください

 私たちの家族は旅行が日常茶飯事でした。特に、1番濃かったなって思うのは、車中泊しながら、岐阜とか三重に行ったことですかね。3泊とか4泊くらいしましたね。めっちゃくちゃ久しぶりの旅行だったので、より楽しかったですね。ちょうど、高校受験が終わったタイミングだったので。パツパツな旅行でしたが、私たちの家族旅行は基本こんな感じです(笑)
あと、思い出というか印象に残っていることは、おばあちゃん家まで実家から40kmくらいあるんですけど2日間かけて歩いて向かったことがあります。その時確か小学校1年生だったと思います(笑)朝起きた時にお母さんに「今日はいっぱい歩くからね」と言われて、外出しました。歩いている途中でおばあちゃん家まで歩いて向かうと伝えられた記憶があります。私の家族を象徴する出来事だったなって思っています。(笑

Q.幼少期から現在までのご家族との関係性を教えてください

 
幼少期は、めっちゃ人見知りでした。暗いところが嫌いで、泣いてました。幼稚園に行くことがめっちゃ嫌いでした。年中さんの時は毎日泣いて行ってました。車にしがみついて、駄々を捏ねてた。泣きすぎて園長先生に怒られて、廊下に立たされたこともあります。(笑)英会話教室に通うようになってから、泣かないようになりました。年長の時から、めちゃくちゃ先生と仲良くなって今も連絡とってます。以前、英会話教室に通うようになった理由を聞いたら、「両親が英語を話せなくて、海外旅行できなくてしんどかったので英語を習わせた」と言っていました。(笑)

 小学生になって3,4年生くらいから徐々に人見知りが治ってきました。英語のおかげだと思っています。内向的だったので、休み時間に外に行かずに図書館で本を読んでいたようなタイプでした。伝記をひたすら読み漁っていました。ただ、友達付き合いは良かったと思います。同じマンションに同級生がいたので、集団登校をしていたり、日替わりで友達の家で遊んでたりしました。この頃が、1番家族旅行に行ってた時期だと思います。土日は家にいないことが普通でしたね。
  中学生に上がって部活を始めたんですけど、そこで性格がめちゃくちゃ変わったなと思います。いる部員が全員自分とは反対の性格をしていました。放課後も土日もずっと部活をしていましたね。 ソフトテニス部だったんですけど、中学校になって初めてやったので、地獄でした。初めての試合で県大会レベルの試合に出場することになったりしていました。そこでメンタルがすごく鍛えられたと思います。幼稚園の時の英語の先生が、この頃から家庭教師として付いてくれました。学校の内容が3ヶ月で終わってそれから英検の勉強とかずっとしていました。なので、学校の授業がつまらなかったですね笑両親はずっと、部活の送り迎えをしてくれてました。最初の頃は、嫌すぎてずっと泣いていたので、支えてくれていました。朝起きるのめちゃくちゃ嫌だったのに、私と一緒に起きてくれたりとか今となってはありがたいと感じます
 高校生時は、受験でギリギリの合格だったので、めちゃくちゃ勉強しましたね。部活は楽しかったし、友達関係も良好でした。1,2年生の時はクラスがめっちゃ楽しかったです。3年生の時のクラスがあんまりよくなかったので、精神的に参ってました。妹も部活が忙しかったので、家族での外出は減っていました。その分、家でのイベントが増えました。土日にピザデリバリーしたり、家でパーティー開くことが多くなってそれは、今でも名残が残っていますね。
 現在は、物理的に距離ができたので、話す時間は減った気がします。離れていても旅行には行ってるんですよね。毎年1月2,3日に旅行に行くんですけど、今年も行く予定です。

Q.どんな親孝行をしたいですか

 将来は、絶対両親を豪華客船に乗せたいです!!今は不定期開催で、妹と一緒に家事を1日やる日を作っています。これがめっちゃ楽しいです(笑)帰省したときの土日の朝・昼ご飯は、両親に負担をかけないように賄っています。親孝行は関係なくなりますが、色々な口実を見つけてイベントを開催したいのが、うちの家族ですね。こんな親孝行があります!とか、こんな親孝行しました!とか記事にして、読んでみたいかもしれないです。面白いって思ったら是非真似したいですね(笑)やってる自分たちが楽しみたいので。